Home > サービスのご案内 > コンサルティング

3次元CADを活用したい

デザインデジタルものづくりで核心的な発展を遂げるためには、上流工程に3次元を活用した、新たなものづくり環境やしくみを構築する必要があります。

また、品質工業や精度の向上、作業効率の向上のためのものづくり手法として3DCADを利用しなければなりません。

デジタルものづくり環境への変化は、ものづくりプロセスの変革だけではなく、デザイナーや設計者のありかたや必要とされるスキルまで変えようとしています。


アイ・シー・アイデザイン研究所では、

実践的な設計プロセスのありかたの教育やSolidWorksのモデリングテクニック教育などを行っております。


3DCADはあくまでツールに過ぎません。
どのように形状をつくりあげていけばいいのか、
どのように設計をすすめていけばよいのか
プロセスを指導いたします。

カタチづくりの「How To」を紹介いたします

いかに形状を組立てていくのか、
いかにデザインをすすめていくかのプロセスCADで発想する「コツ」を トレーニングいたします。
特に、ここの形状の作り方に苦労している、
このような事例で行ってほしいというご要望があればお伝えください。

モデリング初級から対応します

イアリング集音機デザイン系大学で教鞭をとる講師から、身近なモノの造形を通じて、次の学習ポイントを学びます。

初級の学習ポイント

  • - 基準の定義について
  • - 正しい作業手順をみにつける
  • - どのように展開したいかを考えてデータをつくる
  • - 立体構成の分析をする
  • - 彫刻的造形・彫塑的造形プロセスをイメージする
  • - 要素ごとに作成し、組み合わせる

Copyright © 2004 ICIDESIGN Institute Inc. All rights reserved. No reproduction without written permission