SolidWorks Visualize レンダリング研究

ICIデザイン研究所では、3DCADをデザインワークに取り入れ、デザイン段階からクライアント企業とのデザインイメージの共有をはかっています。
弊社では、「3DCADのレンダリングでいかに質感を表現するか」をテーマとして研究しています。
器の質感と金模様の再現をテーマとして試行錯誤した結果です。

金部分の盛り上げなど実際の器に近い形状のデータを作成し
光の当て方と反射の設定に苦労しながらもここまで再現できるようになりました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です