商品化するまえにイメージを共有する

作りたい商品のイメージやこんな機能がほしいなど を「ことば」では表現できるけれど、絵にする、図面化するなどしてうまく伝えられない。など、商品企画、営業担当者にとってはよく直面する問題だと思われます。

特に、商品の雰囲気やイメージを決める大切な要素である「かたち」「素材感」「透明感」。
しかし、手書きの絵やイラストでは形状がわかりにくく、ましてや「きらきらした」「すけた感じ」など言葉ではイメージを共有しにくいものでもあります。
モデルをつくれば…といわれますが、素材感までリアルに再現したモデルは結構な費用と製作日数がかかってしまいます。

そこで、最近注目されているのが「フォトリアルCG」
フォトリアルCGなら、忠実なシミュレーションによって、モデルをつくるまえに、形状や素材感、使用するシーンにあわせてCGを作成でき、さまざまな不安を解消することができます。


アイシーアイデザイン研究所では、お客様のイメージをお伺いし、形状のデザインや素材感などをCGで表現いたします。そのフォトリアルCGをもとに、使用者の意見をヒアリングしたり、どのデザインを商品化するかなどの会議に使用いただいております。
このフォトリアルCGは、製品設計でつかわれるCADでデータ化しているので、では実際にモデルでつくりたい、製品化したいとなった場合は、その形状を維持したまま、試作・製作へと移ります。

詳しくは、アイシーアイデザイン研究所 サイト

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です